お返しします。

by 小田桐 直 on 10/19/2012

メールやコメントのお返事がまだぜんぜんできていません。
O&Oを終えてからゆっくりと、お返事書きます!

本当に、本当にありがとうございます!

下部のコメント、ありがとうございます。
順次、お返しします。
本当にありがとうです。10/25

There are 30 comments in this article:

  1. 10/23/2012なつ says:

    最終回読みました。歯痒い思いをしながら二人の物語を読ませていただいていたので、とにかく良かった。実は「はい」を読んでから、毎日のように更新チェックをしていました。が、このまま終わらないでほしいとも思っていました。奥村君と陽子ちゃんはどこにでもいる二人で、そんな二人の何気ない日常が坦々と過ぎていくのが好きでした。いつまでも読んでいたい奥村君と陽子ちゃんでした。小田桐さん、完結おめでとうございます。長い間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

  2. 10/23/2012p子 says:

    お疲れ様でした。

    私がO&Oに出会って1年半?くらいでしょうか。面白くて、楽しくて、切なくて一気読みしました。更新を暫くお休みします。と宣言されても、毎日毎日覗きにきました。
    ホントに終わっちゃったんですね。奥村に会えないなんてつらすぎます。陽子ちゃんに負けないくらい奥村の事大好きなんですけど………。(旦那より惚れてます)
    回りの様子や景色の描写とか凄いなぁって感心してます。
    とにかく、素敵なお話ありがとうございました。ゆっくりしたらまた、二人の近況を教えて下さいね。転勤の挨拶とか引っ越しの挨拶とか(笑)

    ではでは、初めてコメント書かせていいただきました。 P子

  3. 10/23/2012yasu says:

    こんにちは。

    こちらの小説、初めて読ませて頂いてからもう8年くらいにはなるでしょうか。
    途中何度かの連載休止がありながらも、o&oの続きを楽しみにおじゃましていました。
    今回最終回を読むことができ、とても感慨深いです。
    とても素敵な結末でした。
    一言伝えたくてメールさせて頂きました。
    連載お疲れさまでした。ありがとうございました。

  4. 10/23/2012ふらん says:

    はじめまして(*^^*)完結おめでとうございます!O&Oに出会って7年(いやもっと)になります。ついに終わってしまいなんだか喜ばしい反面もう奥村と洋子ちゃんのやり取りが見れないかと思うと寂しく感じます。

    奥村がなにもかもすごい私のタイプにぴったりで毎回彼の言動、行動にドキドキしておりました笑そんな彼にベタ惚れされている洋子ちゃん羨ましい!
    (なんとなく私の中ではいくえみ綾さんが描いたO&Oワールドで展開してました笑)

    続編はなくとも次の新しいお話で二人が見れれば良いなと期待してます!期待してすみません笑
    直さんの書くお話はどれも世界観が素敵で大好きです(*^^*)
    次回作も楽しみにしています☆
    完結お疲れ様でした!

  5. 10/23/2012moco says:

    小田桐さん、お疲れ様でした。
    超長編連載でしたね。

    小田桐さんのサイトに出会って2年近くなるでしょうか?

    他の作品も読みましたが、やはり私はこのお話が一番大好きです。

    私も、こんな恋がしてみたいと思いました。
    すれ違いばかりでヤキモキすることばかりだけど、
    色々な困難を乗り越えた2人だからこそ、このあともずっと繋がっていけるんだろうな、と。
    明るい未来が想像できました。

    また次回作も楽しみにしています。

    まずはゆっくり休んでください。

  6. 10/23/2012ふみ says:

    小田桐様

    O&O完結おめでとうございます。

    O&Oに出会ってもう10年近く、主人公二人の年齢を抜きつ抜かれつ、PCからスマートフォンに移行しながら愛読してました。
    時に陽子ちゃんの気持ちに共感し、時に奥村に笑い、時に二人のやりとりにハラハラドキドキしながら、最後まで読むことができ、感無量です。

    ずーっと読ませてもらってたので、これで終わりと思うと満足感と寂しさでいっぱいです。
    大好きなお話なので、これからもまた二人に会いにきたいと思います。

    長い間お疲れ様でした。
    お忙しい中、素敵な物語を本当にありがとうございます!

  7. 10/24/2012ともこ says:

    こんばんは。
    長きに渡る連載、お疲れさまでした!
    旧サイトの頃から読ませて頂き、すでに6〜7年でしょうか。。
    連載を再開されてから、毎日のようにO&Oの更新を心待ちにしていたので、
    奥村くんと小笠原さんの結末を見届けられて嬉しい反面、 いざ終わると寂しくなるこの気持ち…(笑)
    これから何度も読み返しながら、私なりにふたりの行く末を想像します。

    「シズピカ」の小説を読むと、誰でも経験したことのある場面だからこそ感情移入したり、時には客観的にふたりにダメ出ししたり(笑)、切なくなったり。
    サイト全体に流れる穏やかな空気も相まって、まるで友達とおしゃべりしながら物語の世界に入っていくようで、とても楽しいです。

    これからも、ちょこちょこお邪魔しますね。
    素敵な小説を読ませて頂き、ありがとうございました!

  8. 10/24/2012うきねこ says:

    こんにちは。
    最終回を迎えたんですね(^^)

    私も何年も前にきりの良いところまで読ませていただきました。
    長いお話をきちんと書き終えられるなんてすごいな~。
    お疲れ様でした。

    読んだ当初は物語の中の陽子さんがずいぶんお姉さんのように感じましたが、実際に私自身が頑張って生きてみると意外に恋愛とは味気ないものなんだとか。
    こちらみたいな恋愛小説は読んでいて楽しいけど、現実は恋愛じゃなくて生きていくために必死なのよね、なんて冷静になって見ちゃう視点が出来ました(^^;)
    きっと恋って憧れるものなのね…。
    と、私自身が寂しい主婦になりました。
    もちろん、辛いときに精神的な支えの一部であったこのお話は、今でも大好きです(^^)

    ありがとうございました。
    あと、「いくら楽しいからってネットの中に置き去りって怖いですよね」という明後日のメールをしてしまい、申し訳ないです(^^;)

  9. 10/24/2012フミ says:

    サイトが「vague」の時からこの「O&O」を拝読していました。
    2人の主人公の年齢からはるか年上になってしまったわけですが、物語のシーンに当時の流行った曲などを重ねてみたり・・・。
    結婚はけっしてゴールじゃないけど、一つの区切りではありますよね。
    そこまで乗り越えてきた小田切さんの経験をはじめ(お子さんもいらっしゃるのだし)、この物語の2人にこれからもガンバレと応援したくなります。
    長きに渡り、けっして投げ出さずにこうして完結をされたこと、本当に頭が下がります。
    何よりも感謝の気持ちでいっぱいです。

    いつかまた何らかのお話しを書いてください。
    前にもコメントしましたが、方言の短編なんかもう大好きなんです。

  10. 10/24/2012にっしー says:

    連載お疲れさまでした!

    地元を離れ、北海道の大学在学中に出会ったO&O。
    円山の六花亭さんが出てきて「この前行った!」と実生活とリンクさせながら読んでいたのは、良い思い出です(笑)

    最後まで読めて良かったなーと、少し寂しいですが、ほっこりしています。
    ステキなお話をありがとうございました。

  11. 10/24/2012さとぽん says:

    直さん

    O&O完結おめでとうございます!
    ほんっとうに、終わってしまいましたね。

    EDPで陽子ちんに出会ってはやウン年…。
    社会人の恋ってこんななのね!と憧れていた年代から
    いつの間にやら2人を追い越して、図々しくも突っ込みを入れたり応援したり
    本当の友達の恋愛事情のようにあの2人どうなった?どうなる?とやきもきもして。
    ずっと2人を見守るのが生活の一部みたいになっていて
    今回の結末にすごくほっとしたものの、これから会えなくなってさみしくなるなぁと複雑な気持ちです。
    でも、陽子ちんの楽しそうな様子とそれを見てうれしそうな奥村の雰囲気、自分のことのように幸せに感じてます。
    そしてこれからの2人を妄想できるなぁ( ̄m ̄*)というか、そんな気分です。
    昔アンケートであった「ドラマ化するなら…」っての
    本当に実現してほしいですよ、えぇ。というか勝手に脳内再生してます(笑)

    あぁ、もう、本当に各章ごとに当時の自分の状況とか恋愛事情とか
    そういうことまでリンクして思い出せるので何度も何度も読み返しちゃうんですよ!!
    そしてこれからも!

    とても短文ではこの気持ちが伝えられそうになかったので
    今回はこちらでコメントしました。

    本当に本当に楽しかったです。ありがとうございます!!
    そしてこれからもよろしくおねがいします♪

  12. 10/24/2012momo says:

    小田切様

    完結、ありがとうございました。
    LASTという文字を見て、鳥肌が立ち、(了)という文字を見て、涙があふれました。

    やっと陽子ちゃんと奥村君が幸せになったから泣けてきたのか、小田切さんがこの長期に渡る連載を無事に終了されたからなのか、もう自分でも理由のわからない涙でした。

    サイトを変わられても、連載をお休みされても、私のPCがクラッシュしても(!)、最後まで読みたい作品でした。

    更新されると最初から読み返して…もちろん追いつかない時もありましたが、そんな時は、更新分を読んで、読みかえしていた続きを読んで。
    もちろん、LASTが更新されましたから、また最初から読み返すつもりですが。(笑)

    私がどれだけO&Oのファンだったか伝えきれないのが悔しいですが。
    この小説を書いてくださった小田切さんに心からの感謝を。
    ありがとうございました。

    P.S この二人、仏滅の日に入籍するのでしょうか。

  13. 10/25/2012kana says:

    小田切さん

    はじめまして。この度はO&O完結おめでとうございます!
    読み始めたのが高校生の頃で、25歳の大人の女性と男性の恋愛にかなりドキドキしながら
    読んでいたものです。
    サイトが休止なされたりしている間もいつか続きを書いて下さるかもしれない・・・!と何度も足を
    運んだり、読み返したりしていたものですから、連載再開を知った時は本当に嬉しかったです。
    (ハタから見たら異常なくらい狂喜乱舞しました笑)

    月日が経って陽子ちゃんの年齢を過ぎ、仕事の関係で今は札幌で暮らしています。
    初めての一人暮らしで不慣れな事も多いですが、O&Oに出てくる北海道の場所などを見ていると、
    何だか陽子ちゃんや奥村君はここにも来た事あるのかなぁなんて思いながら、毎日楽しんで
    生活しています。

    小田切さん素敵なお話ありがとう&お疲れさまでした。
    また次回作も楽しみにしています。

  14. 10/25/2012ゆみい says:

    O&O完結おめでとうございます!そしてお疲れさまでした!

    319の連載中に、オックー&ヨウコちゃんに出会ってからず~っと二人が大好きです♪
    (どれくらい好きかというと、今度買い換える予定の車を、黒のレガシィにしたいくらい好きです!)

    319で二人が仲直りしたのを見届けて、スッキリした気持ちで初産に挑んだことが、懐かしく思い出されます(*^^*)

    数年前に夫の転勤で内地に来るまで、ずっと暮らしてた札幌。
    学生時代にバイトしてたルスツや、会社帰りによく立ち寄ったパセオ。自分も歩いた場所、行ったことのある場所。

    小田桐さんの描く描写から、情景がリアルに浮かんできて、本当に目の前で二人を見ているような気持ちで読んでいました。

    終わってしまって寂しい気持ちもあるけど、二人の門出を祝う気持ちでいっぱいです。
    これからも二人は、わあわあ言い合いながらイチャイチャしながら歩んで行くんでしょうね♪

    余談ですが、O&OのタイトルをずっとO&O(ゼロ&ゼロ)て読んでました(^o^;)
    なんでゼロゼロなのかなぁ~、不思議だったんですが。
    最近、真実!?を知って、ひとり恥ずかしくなっちゃいました(笑)

    これからも、小田桐さんの作品を楽しみにしています。
    素敵な作品を本当にありがとうございました♪

  15. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >なつ 様

    最終回までお付き合い下さり、ありがとうございました。
    ほんっと、もどかしい二人でしたよね(^^;)

    「はい」のアップ後、毎日足を運んで下さったんですね。
    ラストの更新が遅くなってすみませんでした。

    >いつまでも読んでいたい奥村と陽子
    本当に嬉しいお言葉です。
    ありがとうございます。

    このあと二人は、喧嘩しながらも仲良くやっていく。
    そんな様子を思い浮かべていただけてたら嬉しいです。

    なつさんもどうもお疲れさまでした。
    本当にありがとうございました。

  16. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >P子さま

    初めてのコメントありがとうございます。
    そしてO&Oにお付き合いくださりありがとうございました。

    何度か……更新お休みさせていただきました。
    お待たせしてしまってすみませんでした。
    m(_ _)m

    そして奥村(笑)
    奥村は本当、いいキャラでしたよね(笑)
    惚れていただけて、嬉しいです。ニヤリ。

    そんな奥村を含めてO&Oを楽しんでいただけたようで
    嬉しいです(^ ^)
    P子さん、どうもありがとうごさいました!

  17. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >yasu さま

    長い間のお付き合い、本当にありがとうございました。
    何度もの連載休止にも関わらず、あきらめないで追いかけてくださって感謝です。
    無事に完結できました。

    >素敵な結末。
    そう言っていただけてほっとしています。

    yasuさまもどうもお疲れさまでした。
    ありがとうございました。

  18. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >ふらん 様

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    そして長い間のお付き合い(七年+α?)にも感謝です。

    終わっちゃいましたよー。
    完結できてほっとした反面、あの二人のやりとりが書けないのはやっぱり、私も寂しいです。

    奥村は……やっぱり人気ですねー。
    うーん。奥村様様です、本当に。
    奥村ありがとう!

    しかもいくえみさんフィルターがかかったO&Oがふらんさんの頭の中で展開していたとは!
    それはもう100倍増しじゃないですか!
    私もそれ見てみたいです、ほんとに!

    私が書く話は、たぶん、次のも普通そうです(^^;)
    そんなものでよろしけれは、
    また読んでやって下さいm(_ _)m

    O&O、楽しんでいただけていたようで本当にうれしく思います。
    ありがとうございました!

  19. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >mocoさま

    mocoさまもどうもお疲れさまでした!
    最後までお付き合いくださってありがとうございます!

    O&Oは……長期連載でしたので
    終わってしまった時はすごい喪失感がありました。
    (いまは平常通りの自分です)
    おばあちゃんになっても自分がこの小説を書いたことは忘れないと思います。

    いろいろあった二人ですが、今後は波もなく穏やかでいて欲しいな、なんて思っています。

    mocoさん、どうもありがとうございました。
    はい、少しの間ぼけぼけしようと思います。

  20. 10/26/2012小田桐 直 says:

    >ふみさま

    O&Oに長い間お付き合いくださってありがとうございますm(_ _)m
    本当にお待たせしてしまいましたよね。すみませんでした。

    振り返ってみればちょっとした(?)ことなんですが
    その時の二人にとってみれば一大事。
    そんな二人の心の揺れを綴ってきたつもりです。

    ふみさまが、その二人にハラハラドキドキしてくださったこと。
    本当に嬉しいです。

    O&Oは、ずっと公開してます。
    奥村と陽子に会いたくなったら、いつでも遊びに来てくださいね。

    ふみさまも本当にお疲れさまでした。
    ありがとうございました(^^)

  21. 10/29/2012小田桐 直 says:

    >ともこ さま

    O&O、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
    連載を再開しても、何度もお休みしてしまい……
    お待たせしてしまってすみませんでしたm(_ _)m
    楽しみに待っていたとのお言葉がありがたいです。
    ともこさまもどうもお疲れさまでした!

    O&Oは手がけていた時間が長かっただけに、私もさみしさがひとしおです。
    でも、完結できたことにほっとしています。

    うちの小説を楽しいと言っていただけて本当にうれしいです!
    これからも似たようなテイストの話を書くのかな、と自分では思います。
    サイトはずっとやっています。
    なのでいつでもまた、遊びにいらしてくださいね(^^)

    コメント、どうもありがとうございました!

  22. 10/29/2012小田桐 直 says:

    >うきねこ さま

    こちらでもコメントありがとうございます。
    O&Oは無事、完結しました。
    書いている間にプライベートでさまざまなことがあって、何度も連載をストップしました。
    ちゃんと締めくくれられるのか不安でしたが、完結できたことにほっとしています。

    恋愛小説ですから少しはドリームがないと。

    メールの件は私も失礼しましたm(_ _)m
    今までのコメントも含めて「大丈夫なのかな? 」
    と少し心配に思っていたので。
    どうもすみませんでした。

  23. 10/29/2012小田桐 直 says:

    >フミ さま

    フミ様も長い間ありがとうございました。
    あたたかく見守って下さったことに本当に感謝しています。

    私もふたりの年齢をとっくに追い越し……。
    はじめた当初は友達、または同士のような感覚で書いていたのに、
    いつしかツッコミ、ダメだしするおばちゃんみたいになってました^^;

    そうなんですよ。はじめのころの章なんか読むと、
    その当時流行っていた曲や世の中の出来事をぶわーっと思い出してしまいます。
    それだけ長かったということですよね。

    二人だけでなく、私まで応援…。
    ありがたいです。
    頑張ります!

    はい。落ち着いたころ、何か頭に浮かんできたものをまた書こうと思っています。
    方言シリーズ、私自身もひそかに気に入っています。
    嬉しいです(^^)

  24. 10/29/2012aiueo44 says:

    小田桐さん、お疲れ様でした。

    最終話から1週間経ちましたが、相変わらずこの場所に来て最終話を読んでいます。
    私がここを知ったのは、ちょうど1年位前でした。
    面白くて朝から一日PCに張り付いて読みました。それからは、日課のようにここに来
    てUPを楽しみにしていましたが、とうとう次回が最終話と言う事になった時は、UPに
    なっていない事に安堵し、どうせなら最終話はこのまま無しにして、終わらないで欲し
    いと思いました。
    でも、最終話は本当に素敵でした。話は終わってしまいましたが、過去旅をしながら、
    二人のその後を想像し続けます。

    私は札幌に住んでいるのですが、この夏に、新婚当初住んでいた函館に行きました。
    標識を見るたびにここは奥村君が・・・、ここは奥村君が・・・と、函館は自分が
    以前住んで居た町ではなくて、奥村君が居る町になってしまいました。(笑)

    O&Oも奥村君も大・大・大好きでした。このお話の空気感が大好きでした。
    この想いが私の文章ではうまくお伝え出来ないのが、残念です。
    これからも、今までの日課のように、奥村君と陽子ちゃんに会いに来ます。
    出来たら、二人の近況などお知らせ願えれば、嬉しいです。
    沢山ある小説の中で、本当に大好きなお話でした。
    本当にありがとうございました。

  25. 10/30/2012小田桐 直 says:

    >にっしー さま

    どうもありがとうございます!

    にっしーさん、大学は北海道だったんですね。
    わー、円山の六花亭! 行かれたんですね。ひゃー。
    二階の喫茶室は上品なマダムたちずらーりだったのが記憶に残っています。

    最後まで読んでくださって嬉しいです。
    こちらこそ、長い間どうもありがとうございました。

  26. 10/30/2012小田桐 直 says:

    >さとぽん さま

    すごく返信が遅れてしまったけれど、どうもありがとうございます!

    終わっちゃいました。終わって、一週間が経っちゃいました。
    更新するたびにいつもコメントくださってありがとうー。
    本当に、ほんとーーうに、さとぽんさんには励ましてもらっていました(/_;)

    そうですよね、
    いまのさとぽんさんにしてみればO&Oの二人は、思わず突っ込みを入れたくなっちゃう二人。
    いつしかコメントも、見守る側のものになってらっしゃいましたよね。しみじみです。

    ドラマにするなら云々のアンケートはとっていないけれど、
    でもどの登場人物の視点でO&O読みたいですか? といった内容のアンケートで、
    ある読者さんが奥村は○○さんを想像して読んでますーとコメントしたのがきっかけで
    ほかの方も色々書いて下さって盛り上がっていた覚えはあります。
    あと、掲示板でも盛り上がってましたね。
    本当に懐かしいです。

    ドラマ化はね、実はお話があったんです。
    でも見事にポシャったみたいでメールお返ししても二度と連絡が来ることはありませんでした(笑)
    もう何年も前の話です。それもまた懐かしい、いい思い出です。

    O&O、何度も何度も読み返しちゃって、昔の自分を振り返ってやってください!
    いつでもこのサイトで読めますからねー!
    それで楽しんでいただけるなら何より。嬉しいのです。

    本当に、長い間のお付き合い、ありがとうございました!
    お疲れさまでした!

  27. 10/30/2012小田桐 直 says:

    >momoさま

    コメントをいただいてからだいぶ経ってしまいました。
    お返しが遅れてしまってすみませんでした。
    けれど、メッセージは書き込みがあってからすぐに拝読させていただいてました。

    ずーーっとO&Oの二人にお付き合いいただいて。
    そして、私のプライベートの色々も見守って下さって(たのでしょう)。
    本当に、ありがとうございます。

    私は(了)と書き記した時に、どうしようもない喪失感におそわれました。
    あー、もうこの二人を手放しちゃったんだな、と。
    しんどかった時期もありましたが、O&Oは書いていてとても楽しかったので、寂しかったです。二人とはもうお別れなんだな、と思ったら。

    もしかしたらmomoさんは私以上にO&Oを読み返しているかもしれません!
    あたたかなメッセージに胸が熱くなりました。
    本当にありがとうございます。

    私のほうこそ、長い長いお付き合いに感謝したいです。
    そしてお疲れさま、とお伝えしたいです。

    P.S.
    はい、その通りです!

  28. 11/5/2012小田桐 直 says:

    >kanaさま

    はじめまして。
    書き込みいただいて、ずいぶん経ってからの返信で申し訳ないです。
    でもメッセージはすぐに拝読させていただいてました。
    本当にありがとうございました。

    高校生の頃からこの話を……とっても嬉しいです。
    そうかあ。高校生の目線で読むと、この小説も大人の小説なんだなあ。
    と、なんだかくすぐったい気持ちです。
    でもきっと、今のkanaさんの目線ではぜんぜん違うO&O、それほど大人でもない奥村と陽子なんだろうなあ、と勝手に想像しています。

     ・

    そうなんですよね。何度も更新をストップしてしまって。焦れったいほどお待たせしてしまったかと思います。
    最後まであきらめずに続きを読みに来て下さってありがとうございました。
    もう、このことに関しては感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございます。

    そしてそして。社会人になった現在は札幌へお住まいに!
    わあ……そういうこともあるんですね。
    これから札幌は本格的な冬がやってきます。あたたかーくして、どうぞ風邪をひかないようお気をつけ下さいね。滑りやすいので足元にもお気をつけて。
    (これからもたまーにO&Oのことなんかを思い出していただいて、ニヤっとしていただければ。作者はとても嬉しいです)
    一人暮らしの不慣れなこともひとつひとつクリアして、札幌ライフを楽しんで下さいね。
    (おいしいお店もいっぱいありますし!)

    最後のほうはなんだか、近所の子を心配するおばちゃんみたいな気持ちで書いてしまっていました(^^;)

    kanaさん、長い間O&Oにお付き合い下さってありがとうございました&お疲れさまでした。
    小説のほうは、何か浮かんだら始めていると思いますので、気分転換にでも読んでやって下さいませm(_ _)m

  29. 11/5/2012小田桐 直 says:

    >ゆみいさま

    メッセージありがとうございました!
    オックーとようこさんを大好きと言っていただいて、作者はもう、ニッコニコしながら画面と向き合っております!
    (ほんとに黒のレガシィにしたんですかー? ひゃー!
    うん、でも、乗り心地のいい車ですよね。うらやましいです)

    北海道人、内地って言いますよね(笑) ひさしぶりのこの表現、懐かしいです。

    ちょっと大げさかも知れませんが、
    ゆみいさんの歴史の中に私の書いたものが関われたことが嬉しいです。
    私もO&Oの二人は、わあわあ言い合いながら(イチャイチャしながら?)これからも進んでいくのだと思います。

    大丈夫です。ゼロ&ゼロと読んでいる方はまだいらっしゃると思います(笑)

    こちらこそ、O&Oに長い間お付き合い下さってありがとうございました&お疲れさまでした!
    せっかくメッセージをいただいたのに、お返しが遅くなってすみませんでした。

  30. 11/6/2012小田桐 直 says:

    >aiueo44 さま

    O&O完結から二週間経っての返事となってしまいました。
    コメントを下さったのに遅くなってすみません。

    最終話。何度も目を通していただいて本当にありがとうございます。
    ラストの場面はカットして、12話の「はい」で終了でもいいかな? とも思ったのですが……当初の予定通り、二人で駅を出るシーンまで書きました。
    最終話、気に入っていただけて本当に嬉しいです。

    このO&Oという物語、先を書こうと思えばまだまだ書けます。書けるのですが。ここで、私が二人を追うのは終わりにすることにしましたm(_ _)m
    これから先は、aiueo44さんのご想像にお任せします。

    私の頭の中だけにあったO&Oが、PC(またはモバイル)の向こうがわの人に受け入れられて、広がって……。
    なんだかとても、不思議な気持ちです。
    O&Oは書いていて楽しかったです。そのO&Oを読んで下さったaiueo44様も楽しんでいただけたのなら、このうえなく幸せです。

    今年の夏は函館に行かれたのですね!
    いいなあ……。(ラッキーピエロが食べたいです・笑)
    そして、どこかに奥村はいましたか?(笑)

    このサイトのショート・ショート「名字」も函館が舞台となっています。
    実はだいぶ前に書いたものなのですが、目を通していただければ「あれ?」と思うはずです。
    ぜひご覧になって下さいm(_ _)m
    おまけです。

    熱のこもったメッセージを本当にありがとうございました。
    胸にじんときました。

Write a comment: